fc2ブログ

さくらさくら

もう4月だっていうのに寒い寒い。
手がつめたくて動きが鈍いです。
花冷えってやつでしょうか。


今日は派遣先との顔合わせ。

まずは顔合わせの前に軽く打ち合わせをして準備を整える。
前日に担当さんから電話で指示されていた、かんたんな自己PRと
その他の質問に対する答え方のシミュレーション。
といっても質問内容も模範解答も担当さんは承知しているので、
自己PRの内容も答え方もすべてレクチャーしてくれます。ありがたい。
それを自己流にアレンジして(打ち合わせがバレるとまずいので)
いざ本番。

・・・・・・メインの質問にはたぶん問題なく答えられたと思いますが、
途中でありもしないことまで口走ってしまいました。まぁいっか。

面接終了後、担当さんに「完ペキでした」とお世辞のようにいわれる。
アナタがやる気になればなるほど私のやる気が下がる気がします。
あまのじゃくなのかな。ダメだなぁ。


先日あきらめた映画を観てきました。
「人のセックスを笑うな」
出演:永作博美 松山ケンイチ 蒼井優 忍成修吾


はいそこ、笑わない。
主人公の名前がみるめってなんだとかメルモの間違いじゃないのかとか
そういうことはいわない。


まぁ冗談はおいといて。
すいません。
今回はまぎれもなく、まっつやまさん目当てです。

でも観にいってみてよかった。
やばい。これはやばい。

あぁもうボキャブラリー貧困で伝わりづらくてほんとすいません。
なんかこう、うまいこといえないんですよね。
気持ちはいっぱいあるんですけど。


とにかく松山さんがかわいい。
ていうかみんなみんなかわいい。
中でもユリ役の永作博美さんはかわいすぎた。小悪魔すぎた。
松山さんが本気で恋してたっていうのもわかるよ!
うんうん(大きく首肯)
蒼井優ちゃんも負けず劣らずかわいかった。
小悪魔とは違うけど、すねたり怒ったりの等身大なかわいさが魅力的。
忍成さんは実をいうと今まであんまり好きではなかった・・・
でも映画観て印象変わりました。いいなこの人。

自然さやフレッシュさをとても大切にする監督らしく、
本当に自然というかリアルな感じ。
松山さんがどっかのインタビューで「自分自身を出さざるを得なかった」と
いってたけど、ほんと8割方素じゃねぇか?と思えるほど素だった(笑)
リトグラフの作業手伝ってるときとか、フツーに楽しそうだったし。
あまりに素すぎて、服を脱ぐシーンやラブシーン(激しいのはないです)は
見てるこっちが恥ずかしくなるほどです。
長回しが多かったのも自然に見えた理由かも。
カメラ固定で回しっぱなしにして、役者だけが動いてる。
そのせいか距離が遠くてセリフが聞き取れない部分もありましたが、
切り替えや視点の移動が少ないので新鮮でした。

内容は、ゆるーい感じの恋愛モノ。でも切ない。
主人公みるめと二十歳年上のユリの物語。
みるめはユリに夢中になっていくけど、実はユリは○○だった、という。
そんなみるめに片思いしてる友人のえんちゃんと、
同じく友人でえんちゃんに片思いしてる堂本。
この2人の心の動きも見どころです。

最後にパンフの話。
サイズはコンパクトですが、その分かわいらしい作りになってます。
ロバのイラスト入りの帯でパンフを綴じてたり。
ただ私は仕事柄あるものの帯に見慣れていたので、それを見て
ちょっと嫌な思い出がよみがえりましたが(なんのことかはひ・み・つ☆)
シナリオ決定稿(採録ではありません)までついて800円はとってもお得。

あとどーでもいいことかもしれませんがこの映画のタイトル、
英訳では「Don't laugh at my romance」となってました。
sexと直訳せずにromanceと訳すところがいいですね。

繰り返しになるけど、ほんと観てよかった。
原作も読んでみたいと思った。
DVD出たら買おうと思った。
そのくらいいい映画だった。


大阪はまもなく公開終了になりますが、レンタルとかでもいいので
ぜひ一度観てみてください。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

PROFILE

robico
Author:robico
音楽おいしい。ライブ≒ダイエット。
テレビにマンガ。エセヲタ。偏好。
矛盾した行動が頻繁に見られます。

CALENDAR
01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY
CATEGORY
SEARCH
LINK